かうんたー

プロフィール

イル

Author:イル
【Tree of Savior】はサービス開始を首を長くして待っています。
【艦隊これくしょん】はラバウル基地でプレイ中。(メイン)
【The Tower of AION】はシエル鯖にてプレイしていました。(引退)
【大航海時代オンライン】はユーロ鯖にてプレイしていました。(引退)
【RagnalokOnline】はLoki鯖にてプレイしていました。(引退)
ネットゲームは軒並み引退状態です。

最近の記事

最新コメント

検索フォーム

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロバイダー

Category : 雑記
 数日前からネットを軽く騒がせてるOCNのお話。
 とはいえド素人の勝手な落書きでもあります。

→続きを読む

スポンサーサイト

ですまーち?

Category : 雑記

 タイトル通りです。本当のデスマーチはもっと大変なんでしょうけどね。

→続きを読む

AIONのおはなしー

Category : ゲーム
 かなり久しぶりのAIONネタです。

 半年くらいの休止から先月再開して、細々とプレイしていますけど、ほぼソロ!
 レギハンがなくなっちゃったというか、AIONそのものがソロ志向の人向けに舵を切ってるっぽいですね。このあたりは前回の愚痴でも書きましたけど、ネットゲームの流れなんでしょうか。

 そんな中で何をしていたかというと、Lv.60ディーヴァニオンクエストというものをしていました。
 簡単に書くと、最高難易度のクエスト群をクリアして武具を手に入れろ、という感じのものです。正直なところ、別にしなくても影響ありません
 しかもクエスト数が多いです。内容は採集だったり製作だったり狩りだったりなんですが、クエスト数が多い(1部位に対して1~2つ)ので途中で辞めちゃう人も多いクエストだったりします。
 その内容は完全にドM向け

 簡単にクエスト内容を書いてみると

1.【シエルスピアになるための最初の試験】
 内容は制限時間内に複数のNPCと会話しろというもの。結構シビアな制限時間なので、コースをしっかり考えなきゃいけない。コースさえ決まシエルスピアになるための最初の試験れば簡単。

2.【シエル神に捧げる供え物】
 シエル神っていうのは何か偉い神様みたいです。
 その神様に捧げるアイテムを採集してこいというお話。
 合計200個のアイテムを集めなきゃいけませんが、AION内時間には月日の設定まであって、200個のアイテムの半分が春~夏時間に、残りの半分が秋~冬時間でないとドロップされません。
 つまるところ、結構時間がかかります。
 しかもドロップ率が結構低い。(今は改善されたとかいうお話ですけど)
 私がやった時は15~20個くらいオブジェクトを壊してやっと1つドロップという感じでした。マゾかったです。

3.【シエルスピアになるための2番目の試験】
 3つ目のクエストなのになぜ2番目なのか。
 誰もが思う疑問なんですが、それは2つ目のクエストが『俺たちの仲間に入りたけりゃ……わかるだろ? ほれ、袖の下だよ』的な意味合いだからだそうです。クエスト受ける時のお話で軽くキレそうになりました。
 あとは獲得部位(胴部・腰部・肩部・腕部・足部)の数の問題とかいろいろ大人の事情があるのかも。
 んで、クエストそのものは記憶に残ってなかったので検索してみました。
 どうやら製作系のクエストだったみたいです。
 AIONは各種製作があって、私はその中でお料理スキルを伸ばしてました。mabinogi時代から変わってませんね!
 そんなワケでこのクエストはお金は少々かかりましたが何の苦もなく終了。

4.【シエルスピアになるための3番目の試験】
 今回はマテリアル採集スキルが唸りをあげる採集です。
 2の採集はオブジェクトを壊してドロップを得るタイプですが、今回は普通に採集です。
 アクティブMobがわんさかと居るところで採集です。
 ただこのクエストには抜け穴があって、同地域(説明めんどくさいするとややこしいので割愛)で受けれるクエストを受けた状態で進行するとMobが全部ノンアクティブになります。
 そんなワケで楽々採集~っと行きたいところなんですが、その地域に生えてる採集物をクエスト装備アイテムを装着した状態で採集すると低確率で(こちらも現在は確率あがってるぽい)出現というマゾクエスト。
 Lv.60ディーヴァニオンクエストの中でも上位に入るマゾさでした。
 でもこういう採集系は好きだったりするのでレギチャで愚痴はこぼしつつ結構さくっとクリア。

5.【シエルスピアになるための最終試験】
 そんな感じで最後の試験です。
 お題は単純明快。
 Mob虐殺してこい。
 というもの。ただこれがウルトラマゾい。倒す数が実に260体(匹?)×10なんと今なら特別価格2セット!!
 冷静に計算しましょう。
 260×10=2600
 2600×2=5200
 苦行でしかありません。しかもこのMobは何でも良いというワケではなく、特定Mobです。数も多いしリポップも早いんですが、数が多すぎじゃないかなこれ!?
 さすがにこれは時間がかかりました。キツかった……

 これでディーヴァニオン防具がそろいます。

→続きを読む

続・真面目に考えた(ネトゲ版

Category : 雑記
 というワケで続きというかまた別のお話に近いけど根底は続きです。ややこしいですね死んできます。

 現在、Tower of AIONに復帰してプレイしてるんですけど、課金としては1か月課金でやってます。んで、今後の課金はしないような気がしてなりません。
 理由としてはPT募集があんまりないのと、レギが空気みたいな感じなところかな。休止以前は何かしら会話があったんですけど、今は時たま会話がある程度で無言の時も結構多くて正直つまんない。
 完全に私の我儘なんですけどね。

 懐古主義と言われてしまいますけど、ROやmabinogi時代はそれこそログを読むのが追いつかないくらいチャットが多かったです。私は会話は基本的に『受け』なので、誰かが会話を始めないとしゃべれないんですよね。ネタの引き出しがやたら少ないですし。
 多分似たような感じの人が多いんじゃないかとは思いますけど、何か喋っても反応がなかったりしたらそれはそれでショックですしねぇ。
 逆に誰かが何か一言でも発してくれたらそこから色々拾っていくことはできるんですけど、切欠すら掴めないというのは非常に窮屈というか楽しくないんですよね。

 今のネットゲームの状況から考えるとそういうのはもう無理なんだろうなーっと思ってしまいました。
 まぁ、レギオンやギルドによるんでしょうけどね。


 閑話休題。
 こんなネタを拾ったのでご紹介。

Red 5 Studiosのカーン氏、「WoWフォロワーがMMOを殺す」

 いわゆる今のネトゲの基本となった『WoW形式』の開発チームの一員さんのお話です。
 それまでのMMORPGというのは、UOやディアブロ、ROやリネージュといったネットゲーム黎明期であり、個人的には最盛期と思う時代の「放り出し」型だったのに対して、WoW形式は家庭用ゲームのように「次はここ」「その次はあっち」みたいに道筋ができてるんですよね。
 私としてはこの道筋をつけた事がPTプレイがなくなっていく一つの要因でもあったんじゃないかと思ってます。

 ROを始めた時、プロンテラにいきなり放り出されて何もわからないままうろうろしてて、しかも迷った時に「どうしたの?」って声をかけてもらったり、勇気を出して「すみません、何すればいいんでしょうか?」って尋ねた時の感動というか嬉しさというかドキドキみたいなものを今の人は享受できないのかなーっと勝手に思ってたりします。
 そして、自分が高レベルになったあとで初心者さんを見つけて私の最初の頃みたいに困ってるようだったら「どうしたの?」って聞く時の楽しさというのもありますね。
 自分の高レベルを自慢するんじゃなくて「こうしたら?」とか、あくまでその人のプレイの邪魔をしない程度に助けてあげる楽しさみたいなのもありましたね。
 本人が「自分でできる」とおっしゃった場合はそれ以上は何もしませんけど。
 私は自分自身が色々教えてもらって、しかも楽しみを奪わない(ROでいうところの『壁』などの養殖)程度に助けていただいたので、その方法で初心者さんのお手伝いをしてた事もありました。
 まぁ、今の時代だとそういう「お助け」も邪魔なくらいクエスト目白押しで必要もないんでしょうけどね。

 今のMMORPGを全部知ってるワケではありませんが、私がここのところ触れたゲームは大抵はWoW形式で、スタートから丁寧に道筋が決められてて(当然勝手に動くことはできますが)、何もわからないままに放り出される寂しさと、誰かと触れ合う楽しさというのがなくなっちゃってるんじゃないかな。
 「だったらお前がそういうの作ってみろよ。できねぇだろ。じゃあ黙ってろ」というのは至極まっとうなご意見ですし、反論の余地もないんですけど、それはそれでちょっと悲しいような気もしたり。

 今仲良くしていただいているネットのお友達の中にはそういうRO時代からのお友達も未だにいますし、mabinogi時代に仲良くなった方もいます。
 でもそれ以降、簡単にいうとWoW形式になってからの人で長続きしてる人ってものすごく少ないんですよね。
 もちろんRO時代やmabinogi時代のお友達も就職やご結婚で環境が変わって疎遠になった方も多いんですけど、細く長くというか、人によっては深く細く長くみたいな方も居ます。
 人それぞれで考え方は違うのは理解していますけど、リアルの世界でもネットの仮想現実の世界でも、「人と触れ合う」っていうのはものすごく楽しいし、ものすごく大事な事なんじゃないかと思います。
 それを「めんどくさいから」「思うようにならないから」「ソロのほうが気楽だから」という理由だけで自分から遠ざけてしまうのはもったいないんじゃないかな~?

 みんながみんな私みたいな意見ではないでしょうけど、あくまで個人的な見解としてだらだらと書いてみました。
 まぁどうせたくさんの人の目に触れるようなブログじゃないので気にしない!

 結局完全な続きになりましたねすみませんでした。

少し真面目に考えた。(ネトゲのお話)

Category : ゲーム
ネトゲのお話です。しかもiPhoneで書いてます。書きづらい……

ネトゲ歴が結構長い私ですけど、今までそれなりの数のタイトルで遊んできました。代表的なのだと、RO、mabinogi、NeoSteam、パンヤ、Seal online、GrandFantasia、大航海時代、そして今もプレイしてるAIONなどなど。
そんな中で最近感じるのが、「PTプレイする人が減ったなー」っということ。
私のネトゲのルーツみたいなものは言うまでもなくROなんですが、当時のROは臨公PT(野良PTとも)最盛期で、臨公広場には沢山の募集が立っていました。
私はPTプレイが大好きで、色んな人と遊べるMMORPGという世界が好きです。
でもここのところの情勢はソロプレイ主体のゲームがほとんど。
PT募集もあんまりなくて、ほとんどの人はソロで遊んでて、ギルドやレギオンに所してても一緒に遊ぶ事はあんまりなく、チャットも少ないのが現状のようです。
もちろん、チャットが盛り上がる時もありますが、大抵の場合ログはほとんど流れずに出入りの挨拶だけ。人によってはその挨拶すらなし、という事もあります。
今のゲームスタイルがクエストを積み重ねる形なので、敢えてPTプレイをする必要がないというのが一因でしょうし、プレイヤーの方も「ネトゲの世界でも他人に気を遣うのはヤだ」と考えてる人も多いそうです。
だったら家庭用のオフラインゲームでもやってれば良いんじゃないかな、と思うのは少し偏った意見なんでしょうけど、ネトゲやってるならPTプレイが一番の華なんじゃないんでしょうか?
という話をしたところ、「考え方が古い」と言われてしまいました。

偏屈な考えなのはわかっているんですけど、何か腑に落ちない……

という愚痴でした!
読みづらいですかそうですね。iPhoneからの更新はやっぱりやりづらかったです。

あとで時間があったらPCから書き直そうかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。